English 日本語 中文  
常州武進区グラフェン産業連合会が成立
 

 グラフェン技術の革新と産業化をより促進し、グラフェン分野のハイエンドへの発展とグラフェン材料の模範応用をサポートするために、常州武進区グラフェン産業連合会が18日、西太湖科学技術産業パークで成立した。

 2012年以来、西太湖科学技術産業パーク区にはグラフェン生産企業並び関連応用企業138社を集めている。 技術の研究開発と産業化分野において、グラフェン薄膜や粉末を含む原料の生産、携帯電話のタッチスクリーン、LEDランプ、家電、建築材料、送電・変圧器、スーパーキャパシタ、ケーブル、塗料などの下流企業への産業チェーンを形成しており、発展レベルは中国の先頭を走っている。

 新たに選出された連合会長、江蘇江南グラフェン科技有限公司董事長張昱氏は、連合会はオリジナル技術の産業化をメインとし、西太湖科学技術産業パークをベクターとしており、企業のニーズに応じる正確なサービスプランを立て、オリジナル技術の新興グラフェン産業のモデル地域構築を目指して努力すると表示した。


 
常州市人民政府 常州市情報化弁公室が主催
常州市外事弁 常州市情報中心が引受