English 日本語 中文  
常州、武進輸出加工区が国家保税区にランク
 

    12月10日、常州総合保税区、武進総合保税区が聯合検査チームのチェックを通過した。聯合検査チームは南京税関及び関連部署が構成されている。これは市内の2完全に保護された領域がすでに動作条件を閉じたマーク、市は開放経済の発展に新しい章を開きました。費高雲市長が聯合検査チームと会談した。

    常州総合保税区、武進総合保税区は今年江蘇省が新たに許可した七つの総合保税区の二つ、常州輸出加工区、武進輸出加工区であった。

    現在、常州総合保税区は初歩的に新エネルギー材料、動力整備製造、精密医療機器、通信機器四大産業を形成し、外国資本金合計4.8億ドルを導入してきた。登録外資金額2.43億ドル、実際入金2.34億ドル。昇格後、十二次五カ年計画を基づき、揚子江経済ベルト、蘇南国家自主創新モデル地区建設などの戦略機会をつかみ、現代的なサービス業とハイエンド製造業のダブル駆動を通して、重要な製造業プロジェクトを快速的に導入させようとする。

    武進総合保税区は電子情報、新光源、新材料産業を中心産業として発展、外国資本金合計5.28億ドルを導入し、実際入金5.01億ドル。現代産業集中区、保税物流モデル区、サービス貿易特色区の総合的な位置付けで、「身辺の自由貿易区」を作り上げよう努力している。


 
常州市人民政府 常州市情報化弁公室が主催
常州市外事弁 常州市情報中心が引受