English 日本語 中文  
常州の常住人口470万  都市化率が70%に
 

   1月27日、省統計局の資料により、2015年末当市の常住人口は470.14万人のうち、都市化人口329.10万人、都市化率が70.00%に達し、前年より1.30%増加したことが明らかにした。

  全省の状況を見ると、当市は南京(81.40%)、無錫(75.40%)、蘇州(74.90%)の後、第4位となった。省の平均レベルより3.48%高かった。

   「城鎮化率(都市化率)」とは都市人口の総人口(人口データは戸籍登録人口ではなく、常住人口を使用される)に占める割合のことであり、都市圏に人々が集中する動きと説明することができる。公式統計では、「城鎮」は都市部を含むだけでなく、都市の公共サービスを提供する村や郷も含まれている。「城鎮人口」は都市部の人口が居住の長さは、出稼ぎ労働者の半年以上となっているなど、市内に住むすべての人々を指す。

   統計部門は、未来はまだ人間中心の都市化を推進し、持続的発展のための都市の能力を引き上げ、農業人口都市化の整然とした転送に焦点を当て、都市のレイアウトやフォームを最適化する必要があることを示唆した。

   一部の専門家は、中国の都市化率は2030年までに70%近くに期待されていると予測している。新しい正常な経済の下では、人口移動の流れは、労働力は依然として重要な経済的支援の中高速な成長を維持しており、わが国のサイズを大きくしていく。



 
常州市人民政府 常州市情報化弁公室が主催
常州市外事弁 常州市情報中心が引受