English 日本語 中文  
グラフェン産業  江蘇省「双創」の新名刺
 

  全省推進大衆\創業万衆\創新工作テレビ電話会議がこのほど開催され、李小平副市長が常州サブ会議場に出席した。

 近年来、常州市は「創業江蘇」行動を深化させ、「双創(大衆\創業、万衆\創新)」が新たな進展を遂げられた。その中、常州国家レベル高新区、武進国家レベル高新区は江蘇省レベルの大衆\創新集積区になっており、武進区は国家初初回大衆\創業万衆\創新のモデル基地に認定され、江蘇省で唯一のモデル基地となった。

 2016年、常州市は市レベル以上の衆\創空間(ソーシャル・イノベーション・プラットフォーム19社を新たに増え、その中、国家レベル2社、省レベル11社がある。今現在、全市の市レベル以上の衆\創空間がのべ64社、うち国家レベル4社、省レベル33社、創業インキュベーションの面積は10万平米を超え、進出しているインキュベーション企業が700社余りもある。

 会議では、省西太湖高新区管理委員会は交流報告を行った。5年前、西太湖高新区は科技革命と産業革新の機会をつかみ、全国で率先にグラフェン産業を配置・発展を実施した。現在、江南グラフェン産業パークにはグラフェン企業82社を集積、年間グラフェン関連産業の生産額は20億元を突破する見込みだ。グラフェン産業はすでに常州市だけでなく、江蘇省の新しい名刺となっている。


 
常州市人民政府 常州市情報化弁公室が主催
常州市外事弁 常州市情報中心が引受