English 日本語 中文  
北京汽車集団の二プロジェクトが常州に進出
 

   12月28日午後、当市は北京汽車集団有限公司との「北汽新エネルギー車の動力電池プロジェクト」、「北汽集団常州産業基地プロジェクト」の調印式を市行政センターで行った。

   市委書記閻立、北汽集団董事長、党委書記徐和誼が調印式に出席、挨拶した。

   費高雲市長が司会を務め、市委常委、常務副市長韓九雲が常州代表として署名した。

   北汽新エネルギー車の動力電池プロジェクトは投資総額30億元、生産能力5Gワットの予定だ。滆湖省エネ湿地公園トレーニングセンターを主体とし、北汽新エネルギーグリーン商学院を作り上げ、新体系の電池基礎開発及びキー技術研究を強化させ、リチウムイオン電池の工程化と産業化をさらに推進させ、動力電池産業チェーンのコア資源の保有を実現させる目的とする。

   北汽集団常州産業基地プロジェクトは投資総額50億元、年間30万台の完成車及び関連部品、物流と計画されている。そのうち、第1期はSUV、MPV、軽乗\用車15万台の年間生産量で、第2期は新エネルギー車を重点的に生産する予定で、当市の自動車産業化のアップグレードに良い生産チェーンを構築できるようとする。

   この前、北汽集団の投資総額100億元の新エネルギー車プロジェクト、投資総額50億元の通用航空プロジェクトがすでに今年の4月、10月に常州に進出されてきたという。


 
常州市人民政府 常州市情報化弁公室が主催
常州市外事弁 常州市情報中心が引受